特    集

 第1回 田園都市倶楽部とは

  第1回目の今回は、この「街あわせ」を運営している田園都市倶楽部についてご紹介したいと思います。

  田園都市倶楽部は、東急沿線の街が持つ固有の趣や景色を味わうことを目的として、平成17年10月に慶應義塾大学の学生数人によって設立されました。 現在では会員数も増え、活動の幅を拡げつつあります。主な活動内容は、月2回程度休みの日に行う街の散策と「街あわせ」の運営です。 これまでに東急沿線では、たまプラーザ、横浜中華街、横浜山手、田園調布、自由が丘など、他の沿線では聖蹟桜ヶ丘(京王線)などを散策しました。

田園都市倶楽部   それぞれの街がもつ固有の趣や景色、それを田園都市倶楽部では「物語」と呼んでいます。 その物語の作者は、しばしば鉄道です。 つまり、文学作品にそれぞれの作家の個性が表れるように、同じような理念に基づく街であっても、 実際に街づくりを行う鉄道会社(日本の街、特に住宅地は鉄道会社によって造成されることが多い)によって全く違った街並み、雰囲気を持つようになります。 例えば、東急沿線の多摩田園都市や京王沿線の多摩ニュータウンなどをご覧になれば、そのことがお分かりいただけるのではないかと思います。 私たちは、これらの物語を読み比べ、その違いを愉しむことが出来るよう、街に関する知識を深めるとともに感性を養うべく活動に励んでいます。

  この「街あわせ」は、街の持つ面白さや奥深さを、ぜひ多くの方々にお知らせしたいという気持ちから開設いたしました。 「街あわせ」を通して、みなさまに少しでも「街」についての私たちの考えをお伝えすることが出来れば幸いです。

田園都市倶楽部ホームページ
http://denentoshiclub.machi-awase.com
Copyright(c)2006-2017Mita Gaiyukai. All rights reserved.